電子ジャーナル・データベースのアクセストラブル


【English】

【Q.1】から順番に、該当するものをクリックしてください。

【Q.1】電子ジャーナルにアクセスする際に使用されているブラウザは何でしょうか。




【Q.2】プラグインはインストールされているでしょうか。








【Q.4】ブラウザの右上に、「KU」というアイコンがございます。そちらのアイコンが
「青」になっていればオンになっていますがいかがでしょうか。




【Q.5】ブラウザの履歴・キャッシュのクリアを試しましたか。




【Q.6】プライベートウィンドウでの実行が許可されているこを確認しましたか。




【Q.7】電子ジャーナルやデータベースにアクセス障害が発生している、
もしくは京都大学の契約範囲外である可能性がございます。
医学図書館の端末でアクセスできるか確認いたしますので、
アクセスしたい論文(もしくはデータベース)の情報を教えてください。


      件名:電子ジャーナルアクセストラブル

      本文:

        • ご氏名
        • ご所属
        • 連絡先

      アクセスできない論文の
        • 論文名
        • 論文が掲載されているジャーナル名
        • URL
        上記の内容を記載したメールを igakueturan[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp 宛に
        ご送付ください。医学図書館でもアクセスできるか確認後、結果をご返信します。
          ※上記の[at]を「@」記号に置き換えて下さい


        →医学図書館の端末ではアクセスできました






アクセストラブル対応方法

◯プラグインをインストールしてください



◯Googleからのログアウトしてください

      アカウントの種類により、GoogleにログインしたままだとChromeストア(プラグインのダウンロードページ)に
      アクセスできないことがあります。以下の手順でダウンロードできるかお試し下さい。
      1. Google Chrome で Google からログアウトする(下図参照)


      2. Google Chromeで再度、プラグインをインストールできるか試す。

      上記の方法を試してもインストールできない場合は図書館機構の
      お問い合わせフォームをご利用ください




◯Visible BodyのPC版にアクセスする際はプラグインをオフにしてください

      ベンダーであるOvid社の仕様変更に伴い、【Visible BodyのPC版にアクセスする際】は、
      他の電子ジャーナル・データベースと異なり、電子リソースのための専用プラグインを
      【オフ】にする必要があります。
      プラグインをオフにしたうえで、アクセスできるか試してください。

      なお、学内ネットワークに接続しているPCはプラグインをオフにするだけで結構ですが、
      自宅等学外からVisible BodyのPC版にアクセスする際はプラグインをオフにした上で、
      VPN接続でご利用ください。




◯Kuins Airに接続した上で、Visible Bodyのアプリ版の認証作業を行ってください。

      Visible Bodyのアプリ版のインストール直後は、ロックがかかった状態で利用することができません。
      ロックを解除するためには下記リンク先のインストールマニュアルのように学内 Wi-Fiである
      Kuins Airに接続した上で認証作業を行ってください。

      なお、認証後、キャンパス外からでも 150 日間はオフライン状態で利用可能です。150日以内に
      Kuins Airに接続し、Visible Body のアプリケーションを立ち上げることで、自動的に期間が
      150日に延長されます。
      もし 150日を過ぎてしまった場合でも、前項の手順をKuins Airで接続した状態で行えば、同様に150日間延長されます。

       ・Visible Bodyアプリ版インストールマニュアル(日本語)
       ・Installation manual for Visible Body on Mobile Devices (English)
       



◯アイコンが表示されない場合

次の 4 つの可能性が考えられます。

(a) プラグインのインストールが完了していない可能性があります。

      インストールが完了しているか下記の方法で確認してください。

      【確認方法:Google Chromeの場合】
      1. Chromeの右上にある縦三つの点アイコン(設定ボタン)をクリック。
      2. 下から三番目に表示される「設定」をクリック。
      3. 遷移先のページの左側に表示される「拡張機能」をクリック。
        「Kulib EJDB service」があればインストールされています。

      【確認方法:Mozilla Firefoxの場合】
      1. Firefoxの右上にある線が3つ並んだアイコンをクリック。
      2. アドオンをクリック。
      3. 遷移先のページの左側に表示される「拡張機能」をクリック。
      4. 一覧に「Kulib EJDB service」があればインストールされています。
       

(b) Firefox のプライベートブラウジング中に、プライベートウィンドウでの実行を
     許可しなかった場合もアイコンが表示されません。「アドオン」の「拡張機能」より
     「Kulib EJDB service」を選択し、プライベートウィンドウでの実行を許可してください。


(c) Chrome の拡張機能の表示設定が固定されていない場合もアイコンが表示されません。

      1. Chromeの右上にある「拡張機能(パズルのピースのアイコン)」をクリックします。
      2. 表示された拡張機能の一覧から、「Kulib EJDB service」の拡張機能の「ピンマーク」を
        クリックして固定化します。

       


(d) Firefox で一旦「ツールバーから削除」を行うと、再インストールしてもアイコンが
     表示されません。ブラウザ右上の縦三つの線アイコンをクリックし、「カスタマイズ」を選びます。
     プラグインがインストールされている場合は、本アイコンが表示されますので、右クリックして
     「ツールバーに追加(A)」を選んでください。



◯キャッシュのクリア

プラグインを設定頂いていても、失敗時の履歴が残っていると、接続に再び失敗する可能性があります。
下記リンク先のページを確認してからブラウザの履歴・キャッシュクリアを行っていただいた上、
再度プラグインをオンにして接続してみて下さい。

    キャッシュのクリアってどうすればよいですか? - 京都大学情報環境機構


        →キャッシュのクリアをしても電子ジャーナル・データベースにアクセスできませんでした




◯プライベートウィンドウでの実行許可

「専用プラグインシステム」は、プライベートウィンドウでの実行を許可しないと使用できません。
ご使用のブラウザで許可されているか確認してください。

【確認方法:Google Chromeの場合】
  1. Chromeの右上にある縦三つの点アイコン(設定ボタン)をクリック。
  2. 下から三番目に表示される「設定」をクリック。
  3. 遷移先のページの左側に表示される「拡張機能」をクリック。
  4. 拡張期の一覧から「Kulib EJDB service」の詳細をクリック。
  5. 拡張機能の設定画面が表示されます。下にスクロールして、「シークレットモードでの実行を
    許可する」がオン(青い色)になっているか確認。オンなっていない場合はオンに変更して、Chromeを再起動してください。
  6. プラグインアイコンの色が青に変わっても使用できない場合は、再度、「Kulib EJDB service」の
    詳細のページにアクセスし、「サイトへのアクセス」を「すべてのサイト」に設定してください。


【確認方法:Mozilla Firefoxの場合】
  1. Firefoxの右上にある線が3つ並んだアイコンをクリック。
  2. アドオンをクリック。
  3. 遷移先のページの左側に表示される「拡張機能」をクリック。
  4. 一覧の中からから「Kulib EJDB service」をクリック。

  5. 「Kulib EJDB Service」の詳細設定画面が表示されるので、中ほどの「プライベートウィンドウでの実行」が「許可する」になっているか確認してください。 「許可する」になっていない場合は「許可する」に変更して、ブラウザを再起動してください。
     
 




◯図書館機構のお問い合わせフォームをご利用ください

      附属図書館に電子ジャーナル・データベースのトラブルに対応する担当部署がございます。
      下記のリンク先にお問い合わせフォームがありますのでご利用ください。
      入力の際は「お問い合わせ・質問事項」の項目に

      「プラグインをインストールしていること、キャッシュのクリアをしていること」

      も入力してください。



















Create: 2020-12-16, Last Update: 2021-04-24