海外医師免許受験支援キャンペーン
Medical Library Support Campaign for foreign medical licensing exam

2015年度から、京都大学医学図書館では、USMLE (United States Medical Licensing Examination)(米国医師資格試験)等、海外の医師免許試験受験者を支援するためのキャンペーンを実施しています。

2017年度のキャンペーン一覧

第1弾 [座談会] ニューヨーク内科臨床研修への道2017 [Talk Session] Road to an internal medicine residency in NY 2017 | 2017.6.1

<第1弾>[座談会] ニューヨーク内科臨床研修への道2017 | 2017.6.1
Part.1 [Talk Session] Road to an internal medicine residency in NY 2017

今回は、7月からニューヨークで内科臨床研修を開始される先生をお迎えします。USMLE受験や臨床留学などをお考えの方はぜひご参加ください。

We will be holding a talk session having a doctor who is going to join an internal medicine residency program in NY from July. This is a must for those who are planning to take the USMLE.

ポスター

日時
Date
2017/6/1(木) 17:30-18:30 (17:15- 受付)
場所
Venue
京都大学医学部構内 医学プラザ(I棟)
Medical Plaza (Bldg. I) at Faculty of Medicine Kyoto University
地図はポスターをクリックしてご覧ください。
Please click the poster to check a map.
スピーカー
Speaker
前田徹朗先生(附属病院初期診療・救急科 医員)
Tetsuro Maeda, M.D. (Clinical Fellow, Department of Primary Care and Emergency Medicine, Kyoto University Hospital)
申込
How to reserve
予約不要・当日参加可
No reservation required.
講師略歴
Profile
平成26(2014)年京大卒。神戸での臨床研修後に在沖縄米国海軍病院での勤務を経て、現在京大病院初期診療・救急科 医員。今年7月1日よりニューヨークにて内科レジデントとして研修開始予定。
スライド
Slide
京都大学学術情報リポジトリ「KURENAI」でご利用いただけます

2016年度のキャンペーン一覧

第3弾 [座談会] 教えて!今知りたい!最前線:USMLE合格への道 [Talk session] USMLE experiences | 2017.2.17
第2弾 [講演会] 米国人外科医・起業家に聞く : グローバルに活躍する医師 [Lecture] An American surgeon and entrepreneur shares his thoughts about working in the U.S. as a foreigner and how to build a career as a physician | 2016.7.15
第1弾 [セミナー] USMLE Step 2 CS 実演セミナー [Seminar] USMLE Step 2 CS Workshop & Medical Specialization Session | 2016.5.13

<第3弾>[座談会] 教えて!今知りたい!最前線:USMLE合格への道 | 2017.2.17
Part.3 [Talk session] USMLE experiences

今回は、医学科6回生3名の方にUSMLE受験体験談をお話しいただきます。また、コーディネーターに武田俊一教授(放射線遺伝学)をお迎えします。USMLE受験や臨床留学などをお考えの方はぜひご参加ください。

ポスター

日時
Date
2017/2/17(金) 17:15-18:30 (17:00- 受付)
場所
Venue
京都大学医学部構内 医学プラザ(I棟)
Medical Plaza (Bldg. I) at Faculty of Medicine Kyoto University
地図はポスターをクリックしてご覧ください。
Please click the poster to check a map.
体験談
スピーカー
Speakers
  • USMLE Step1の経験 - 小さなことからコツコツと -
    甲貴文さん (京都大学医学部医学科6回生)
    Mr. Takafumi Kabuto (Sixth year student, Faculty of Medicine Kyoto University)
  • USMLE / 部活 / マッチング / 留学… 妥協したくない人のために
    赤埴未宝さん (京都大学医学部医学科6回生)
    Mr. Miho Akabane (Sixth year student, Faculty of Medicine Kyoto University)
  • USMLE Step1 高得点合格・臨床留学のためのエッセンス - ある医学生からのマイノリティーリポート -
    甲斐日向太さん (京都大学医学部医学科6回生)
    Mr. Hinata Kai (Sixth year student, Faculty of Medicine Kyoto University)
コーディネーター
Coordinator
武田俊一先生(医学研究科放射線遺伝学 教授)
Prof. Shunichi Takeda, M.D., Ph.D. (Radiation Genetics)
申込
How to reserve
予約不要・当日参加可
No reservation required.
スライド
Slide
京都大学学術情報リポジトリ「KURENAI」でご利用いただけます

<第2弾>[講演会] 米国人外科医・起業家に聞く : グローバルに活躍する医師 | 2016.7.15
Part.2 [Lecture] An American surgeon and entrepreneur shares his thoughts about working in the U.S. as a foreigner and how to build a career as a physician

【2016/7/28追記】
講演会当日の様子をYouTubeでご覧いただけます!
(撮影:エルゼビア・ジャパン)
※ 万一、掲載動画に差支えのある場合は、医学図書館までご連絡いただきますようお願い致します。

今回は、「米国名門医学部の外科教育者」であり「起業家」でもあるピーター・エデルステイン医師をお迎えします。米国医学部の研修プログラム、最新医療事情、医師の起業機会などのお話を伺える絶好の機会です。ぜひご参加ください。

ポスター

日時
Date
2016/7/15(金) 17:15-18:15 (17:00- 受付)
場所
Venue
京都大学医学部構内 医学プラザ(I棟)
Medical Plaza (Bldg. I) at Faculty of Medicine Kyoto University
地図はポスターをクリックしてご覧ください。
Please click the poster to check a map.
内容
Contents
  • スタンフォード大医学部の外科研修プログラム
  • 発展する米国の医療現場と医師たち(USMLE)
  • 起業する医師:創造力・ビジネス感覚を磨く

  • Lecture from an award-winning Stanford University Medical School surgical educator
  • Working as a physician in the evolving U.S. healthcare market
  • Entrepreneurial opportunities for creative, business-oriented physicians
講師
Speaker
ピーター・エデルステイン医師
(エルゼビア社最高医療責任者、米国結腸直腸外科学会認定医)
Dr. Peter Edelstein
(Chief Medical Officer for Elsevier, The doctor certificated from the American Board of Colon & Rectal Surgery)
申込
How to reserve
予約不要・当日参加可
There is no need to apply in advance.
使用言語
Language
この講演会は英語で行います。
The lecture will be conducted in English.
講師略歴
Profile
 ピーター・エデルステイン医師は受賞歴のある医師教育者であり、米国のラジオ、テレビや雑誌などにしばしば登場する医療改革の専門家として知られています。
 カリフォルニア大学で5年の外科研修を終えた後、国立衛生研究所(NIH)の高度外科腫瘍学の研究ラボでリサーチフェローとして2年を過ごし、ミネソタ大学の結腸直腸外科フェローシップを経て、米国外科学会および米国結腸直腸外科学会より認定を受けました。その後、スタンフォード大学医学部に迎え入れられ、高度胃腸疾患の外科治療に関する実践や教育(焦点は評価、遺伝、結腸直腸悪性腫瘍の治療、外科クリティカルケアとトラウマ)を学生や研修医に対し行いました。また、外科研修プログラムのアソシエートディレクターとしてスタンフォードの外科インターンシップとレジデント研修プログラムの開発、指導、評価に貢献しました。
 大学での仕事の後、医療系の起業「スタートアップ」に関わるためにシリコンバレーに移り、ベンチャーキャピタル支援企業の創業者として2社で最高医療責任者や最高経営責任者などを歴任しました。新しい外科機器を作る会社のためにエデルステイン医師は10年間で100億円以上の資金を直接調達し、ベンチャー投資家のアドバイスも行いました。現在は科学技術医療情報の最大手であるツエルゼビア社で最高医療責任者を務め、オピニオンリーダーとして世界中でプレゼンテーション活動をしています。
 エデルステイン医師をもっと知るためにはwww.DrESpeaks.comをご覧ください。
Dr. Peter Edelstein is an award-winning physician educator, author, and acknowledged health reform expert who regularly appears on radio, television, and in print media.
After completing a five year surgical residency at the University of California, serving two years as a National Institutes of Health research fellow in an advanced surgical oncology research laboratory, and then matriculating from the University of Minnesota Colon & Rectal Surgical Fellowship, Dr. Edelstein received board certification from both the American Board of Surgery and the American Board of Colon & Rectal Surgery. Dr. Edelstein was then invited to join the Stanford University School of Medicine faculty, where he practiced and trained students and residents in the surgical treatment of advanced gastrointestinal diseases, with a particular focus on the evaluation, genetics, and treatment of colorectal malignancies, as well as teaching surgical critical care and trauma. In addition, he served as the Associate Surgical Residency Program Director, developing, guiding, and evaluating the major aspects of Stanford's surgical internship and residency training program.
Dr. Edelstein then moved from his academic clinical practice into the entrepreneurial medical "start-up" world of the famous Silicon Valley, where he served as a founding officer in two venture capital funded companies, including roles as Chief Medical Officer and President & Chief Executive Officer. In over a decade in this exciting industry, Dr. Edelstein directly raised over $100M USD for his novel surgical device companies and also consulted for venture capital investors. Now serving as Chief Medical Officer for Elsevier, the world's leading provider of technological, scientific, and health content, Dr. Edelstein is widely sought after to deliver visionary presentations and engage in thought leadership conferences all over the globe.
To learn more, please go to www.DrESpeaks.com.

[講師略歴:エルゼビア・ジャパン提供]

<第1弾>[セミナー] USMLE Step 2 CS 実演セミナー | 2016.5.13
Part.1 [Seminar] USMLE Step 2 CS Workshop & Medical Specialization Session

今回はKaplan Medicalから講師をお迎えします。USMLE Step 2 CSを受験予定の方は必見の内容です。ぜひご参加ください。

We will be holding a workshop and medical specialization session having an instructor from the Kaplan Medical. This is a must for those who are planning to take the USMLE Step 2 CS!

※当日は動画撮影及びスライドの撮影はご遠慮ください。
※参加者による実演がメインとなるセミナーですので、パワーポイント部分の資料配布は予定しておりません。

ポスター

日時
Date
2016/5/13(金) 16:45-18:15 (16:30- 受付)
場所
Venue
京都大学医学部構内 基礎医学記念講堂
Memorial Auditorium at Faculty of Medicine Kyoto University
地図はポスターをクリックしてご覧ください。
Please click the poster to check a map.
内容
Contents
  • USMLE総括とResidencyについて
    • US国内で医師になる際の現実
    • 病院側が求める人材像
  • USMLE Step 2 CS (Clinical Skills) 概略
  • 当日参加者が模擬患者 (SP) 相手に実演
    参加者の中から受験者役(1,2名)を選ばせていただきます。
    模擬患者を相手に医師役を演じてみてください。

  • USMLE Exam review
    • Provide Overview of US Medical Specialization Pathway and Statistics
    • Discuss What Hospital Directors are Looking For in Medical Graduates as Part of Specialization Programs
  • Overview of USMLE Step 2 CS (Clinical Skills)
  • Practice Session
    A few attendees will participate in the session with a standardized patient on stage.
講師
Instructor
Dr. Judson Cooper Epperly
(Director of International Recruitment, Kaplan Medical)
SP Mr. Bob Rumnock
(Hollywood俳優)
申込
How to reserve
予約不要・当日参加可
There is no need to apply in advance.
使用言語
Language
このセミナーは英語で行います。
The seminar will be conducted in English.

2015年度のキャンペーン一覧

第7弾 [講演会]米国における臨床医のキャリアパスの一例 ~ハーバード大学の内科専門医と語る~ [Seminar] An example of career path of a clinician in USA | 2016.3.16
第6弾 [講演会] 臨床留学のすゝめ ~アメリカ・オーストラリアへ~ [Seminar] Guide to working abroad - USA & Australia - | 2016.2.18
第5弾 [座談会] 1日に20人の入院を取る ~ ミシガン大学レジデント [Seminar] a resident doctor in Univ. of Michigan | 2015.12.8
第4弾 [座談会] アメリカ・レジデントの経験 [Seminar] Experience as a resident doctor in USA | 2015.11.10
第3弾 [講習会] USMLE Step1について / USMLE Easyの使い方 [Workshop] USMLE Step1 / How to use "USMLE Easy" | 2015.8.25
第2弾 [トライアル] USMLE Easy Part.2 [Trial] USMLE Easy | 2015.8-2016.12
第1弾 図書購入希望 Part.1 Book Request | 2015.8-2016.3
参考:2009/11/14 日米医学医療交流セミナー「京都で医学留学を感じよう」

<第7弾>[講演会] 米国における臨床医のキャリアパスの一例 ~ハーバード大学の内科専門医と語る~ | 2016.3.16
Part.7 [Seminar] An example of career path of a clinician in USA

米国の臨床医が専門医資格および公衆衛生大学院でMPH(Master of Public Health)を取得し、臨床研究やPopulation Researchに進むというキャリアパスの一つについてご紹介いただきます。
講師のDr. Daveは、スタンフォード大学でレジデント、ハーバード大学Brigham and Women's病院でRheumatologyのフェローをしながら、ハーバード公衆衛生大学院 (Harvard School of Public Health:HSPH)でMPHを修了予定です。コーディネーターとして、福原俊一教授(カリフォルニア大学で内科専門医を取得し、循環器内科を専攻した後、ハーバード公衆衛生大学院で修士を取得し、臨床研究の道を進まれました)をお迎えします。
米国の医療事情や、MPHのお話を伺える絶好の機会です。ぜひお越しください。

You can talk to the doctor who has career of MPH(Master of Public Health) in USA.

ポスター

日時
Date
2016/3/16 17:00-18:30
場所
Venue
!場所がG棟より医学プラザへ変更になりました!
医学プラザ
Medical Plaza
医学部G棟 演習室(予定)
Building G Practicum room

地図はポスターをクリックしてご覧ください。
Click the poster to check a map.
講師
Speaker
Dr. Amish J. Dave (MPH candidate at the Harvard T.H. Chan School of Public Health)
コーディネーター
・解説
Coordinator
/Commentator
福原俊一先生(医学研究科社会健康医学系専攻医療疫学 教授)
Prof. Shunichi FUKUHARA (Healthcare Epidemiology)
申込
How to reserve
予約不要・当日参加可
※ただし19:00からの懇親会(HSPH Japan Tour Groupの皆さんと合同)は下記のURLから要事前申込【3/9(水)17:00まで】
備考
Remarks
同日16:00-18:00にKUSPHとHSPHのアカデミックセッションがG棟2Fセミナー室A(予定)で開催されます。
There will be an academic session of KUSPH & HSPH at 16:00-18:00 on Mar.16 Wed. at Building G 2F Seminar room A.
スライド
Slide

<第6弾>[講演会] 臨床留学のすゝめ ~アメリカ・オーストラリアへ~ | 2016.2.18
Part.6 [Seminar] Guide to working abroad - USA & Australia -

アメリカおよびオーストラリアで臨床留学を経験された先生と直接お話しできる絶好の機会です。ぜひご参加ください。

今回の講師は、本学の小池薫教授が理事をつとめる日米医学医療交流財団様より、「心臓外科診療にみる医学留学へのパスポート」の著者の方をご紹介いただきました。

You can talk to the doctors who have experience of working in USA and Australia.

ポスター

日時
Date
2016/2/18 17:10-18:30
場所
Venue
医学プラザ
Medical Plaza
地図はポスターをクリックしてご覧ください。
Click the poster to see the map.
講師
Speaker
  • 『「デキる」心臓外科医を目指して-アメリカへの小児心臓外科臨床留学-』
    平田康隆先生(東京大学医学部附属病院心臓外科)
    "Pediatric Cardiac Surgery in USA"
    Dr. Yasutaka HIRATA (Department of Cardiac Surgery, The University of Tokyo Hospital)
  • 『オーストラリア臨床留学 - ユルい社会での厳しい(?)トレーニング』
    北村律先生(北里大学医学部心臓血管外科)
    "Overseas training in Australia - Innocent Japanese in Easy Aussie"
    Dr. Tadashi KITAMURA (Department of Cardiovascular Surgery, Kitasato University School of Medicine)
申込
How to reserve
予約不要・当日参加可
No need to reserve
スライド
Slide

<第5弾>[座談会] 1日に20人の入院を取る ~ ミシガン大学レジデント | 2015.12.8
Part.5 [Seminar] a resident doctor in Univ. of Michigan

アメリカでレジデントを経験された先生と直接お話しできる絶好の機会です。ぜひご参加ください。

You can talk to the professor who has experience as a resident doctor in USA.

ポスター

日時
Date
2015/12/08 18:00-19:00
場所
Venue
医学プラザ
Medical Plaza
地図はポスターをクリックしてご覧ください。
Click the poster to see the map.
話者
Speaker
山田亮先生(医学研究科ゲノム医学センター・統計遺伝学)
Prof. Ryo YAMADA (Statistical Genetics)
申込
How to reserve
予約不要・当日参加可
No need to reserve
参考
Ref.
統計遺伝学分野のfacebookページに、座談会について当日のスライドが掲載されています

<第4弾>[座談会] アメリカ・レジデントの経験 | 2015.11.10
Part.4 [Seminar] Experience as a resident doctor in USA

アメリカでレジデントを経験された先生と直接お話しできる絶好の機会です。ぜひご参加ください。

You can talk to the professor who has experience as a resident doctor in USA.

ポスター

日時
Date
2015/11/10 18:00-19:00
場所
Venue
医学プラザ
Medical Plaza
地図はポスターをクリックしてご覧ください。
Click the poster to see the map.
話者
Speaker
椛島健治先生(附属病院皮膚科)
Prof. Kenji KABASHIMA (Dermatology)
申込
How to reserve
予約不要・当日参加可
No need to reserve
参考
Ref.
椛島先生のブログに座談会について記事が掲載されています

<第3弾>[講習会] USMLE Step1について / USMLE Easyの使い方 | 2015.8.25
Part.3 [Workshop] USMLE Step1 / How to use "USMLE Easy"

USMLE Step1についての解説、および学習ツール"USMLE Easy"のデモンストレーションを行う講習会を開催いたします。学内でUSMLEの受験を考えておられる方はぜひご参加ください。事前申込者優先、当日参加可、PC持込OK

This is the workshop of USMLE Step1, and demonstration of learning tool "USMLE Easy".

ポスター

日時
Date
2015/8/25 13:15-14:00
場所
Venue
医学図書館3F セミナー室
Medical Library 3F Seminer room
講師
Speaker
McGraw-Hill Education 佐藤達也氏
Mr. Sato Tatsuya
事前申込方法
How to reserve

medlib[@]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp([@] は @ にして送信してください)宛に、件名「8/25USMLE講習 会参加希望」、本文「所属、学年、名前」を明記してメール送付のこと。

Send E-mail to medlib[@]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (Please change [@] to @), Subject: "8/25USMLEworkshop". Inform your name and department.

スライド
Slide
スライド学内限定サイト
Slide

<第2弾>[トライアル] USMLE Easy | 2015.8-2016.12
Part.2 [Trial] USMLE Easy

"USMLE Easy"のトライアルを開始しました。"USMLE Easy"は、USMLE(米国医師資格試験)の受験対策用オンライン学習ツールです。利用するには、最初にアカウントの登録が必要です(登録は学内からのみ可)。2016年12月末まで引き続き利用できます。

【2016/12/13 追記】
更新手続きを行いました。2017年12月31日までご利用可能です。

"USMLE Easy"trial is available now. "USMLE Easy" is online learnig tool for USMLE. If you want to use, at first, you have to register from Kyoto Univ. Network. You can use until Dec. 2016.

[Added on 13th Dec.]
We have extended the period of use. You can continue to use until Dec. 2017.

ポスター

アカウント登録方法
How to register
  1. 学内から下記のURLにアクセスし、アカウントを登録してください。
    Access following URL from Kyoto Univ. Network, and register.
    https://www.usmle-easy.com/institution学内限定サイト
  2. 下記のURLにアクセスし、"Sign in"からログインしてご利用ください。
    Access following URL, and sign in.
    https://www.usmle-easy.com
利用ガイド
User Guide
USMLE Easy ユーザガイド学内限定サイト(McGrawHill, 2015.3)

<第1弾>図書購入希望 | 2015.8-2016.3
Part.1 Book Request

USMLE(米国医師資格試験)等、海外の医師免許試験を受験する方で、試験勉強に必要な本や教材が医学図書館になければ、図書購入希望をリクエストしてください!優先的に医学図書館に所蔵します。
医学図書館では、語学対策資料(英会話・TOEFL対策など)や臨床留学体験記、「First Aid for the USMLE Step 1」の巻末にある「Top-Rated Review Resources」、海外の医学部テキスト類を中心に蔵書の充実を図っています。
すでに医学図書館に所蔵されている関連図書は、USMLE関連図書一覧 (KULINEタグ「海外医師免許受験支援2015(医図)」)から確認できます。

Requests to the Medical Library to purchase books for preparing for the foreign medical licensing exam, ex. USMLE etc., will preferentially be added to the library collection.
You can check study materials for USMLE in Medical Library from this list.

ポスター

対 象
Offered to
海外医師免許試験を受験する京大所属者
Those who will take the foreign medical licensing exam (Limited to the members of Kyoto Univ)
期 間
Period
2015/8/1 - 2016/3/31
リクエスト方法
How to request
メール、またはカウンターでリクエスト希望をお知らせください。
Request will be accepted by email or paper form.
1.メールで medlib[@]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp 宛てに
Via e-mail to medlib[@]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

[@] は @ にして送信してください。Please change [@] to @ to send e-mail.

メールの件名(Subject)は、「USMLE購入希望」とご入力ください。

メールの本文は、以下の枠内の内容をコピーし、必要事項をご入力ください。その際、[ ]部分は削除してください。ご希望の図書に関する情報は、できるだけ詳しくご記入いただきますとスムーズに手配できます。

Please write "USMLE Book Request" in the subject line and copy the following contents and fill in each item with as much details as possible.

<申込者について>
氏名:[申込者氏名]
学生番号:[  ]
所属:[医学部・医学研究科/人間健康科学科・人間健康科学系専攻] ←いずれか選択
学年:[学部学生/院生(修士)/院生(博士)  年]
連絡先:[電話番号 または E-mailをご記入ください]

<図書について>
著者:[必須 ]
書名:[必須 ]
ISBN:[わからない場合は不明とご記入ください]
出版社:[]
出版年:[ 年]
価格:[]
情報源:[この図書があると知った情報源]
希望理由:[必須 具体的にご記入ください]

<Your details>
Name:[Your Name]
Student ID:[  ]
Faculty:[  ]
Status:[Undergraduate / Graduate (Master) / Graduate (Doctor) Grade ]
Contact:[TEL or E-mail]

<Book details>
Author:[required]
Book Title:[required]
ISBN:[  ]
Publisher:[  ]
Year of publication:[ ]
Price:[ ]
Source:[  ]
Reason:[required Please write specifically. ]

2.カウンターで
Paper form

医学図書館のカウンターに、お申込用紙 をご用意しています。ご記入のうえ、職員にお渡しください。

Please fill in the request form at the Medical Library.

所要日数
Waiting Period
おおむね1週間以内に購入可否のご連絡を差し上げます。
We will notify you about a purchase within a week.

参考:Ref.

2009/11/14 日米医学医療交流セミナー「京都で医学留学を感じよう」(京都大学オープンコースウェア)

主催:財団法人 日米医学医療交流財団
共済:京都大学大学院 医学研究科・医学部 (社)芝蘭会
 グローバルCOE(生命原理の解明を基とする医学研究教育拠点)

Last Update:2017-05-12